« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

あれから10日後

スラムダンク、湘北対山王戦の後半残り1分59秒で山王5点リードの場面。

花道の「おいオヤジ逆転できるよな!?」の問いに安西先生が答えたシーンは印象深いです。

 もちろんです。
 桜木君がこのチームにリバウンドとガッツを加えてくれた。
 宮城君がスピードと感性を。
 三井君はかつて混乱を・・・
 ほっほっ、のちに知性ととっておきの飛び道具を。
 流川君は爆発力と勝利への意志を。
 
 赤木君と木暮君がずっと支えてきた土台の上にこれだけの
 ものが加わった。それが湘北だ。


そして山王を見事破る訳ですが、続く愛和学院にボロ負け(作中では語られるだけ)してスラムダンクは全31巻で幕を閉じました。

とっても好きな漫画でたまに読み返したりします。
自分としては続きが見たかったのですが、逆に引っ張りすぎて少年誌によくある「何となく惰性で続けて失敗」という末路を辿るよりかは良かったのかもしれません。

実は去年の12月、スラムダンク1億冊を記念したイベントが某所で行われました。
自分は知らなかったので行けませんでしたが(´・ω・`)
ふとした時にたまたまAmazonで「SWITCH」という雑誌のバックナンバーを見つけ、そこに

「スラムダンク、あれから10日後」


と書かれていたので「なんじゃこりゃああああああ」と即注文。
それを読んでこんなイベントがあった事を知った次第であります(´・ω・`)

去年の8月、赤木・小暮・三井・宮城・流川・桜木の6人を各一人ずつ使った全面広告が新聞六誌に同時掲載されました。
そして井上雄彦氏が

「どうやって僕自身のありがとうという気持ちを伝えたらいいのか」

を考えた末、その「ありがとう」は去年の12月3日~5日の3日間行われた記念イベントでファンに伝えられたのです。

場所は2004年3月で廃校が決まった旧神奈川県立三崎高校。
高校の23枚の黒板にはラストシーンから10日後の「彼ら」が描かれていたそうです。

黒板に書いてあるので、来場した人達は各教室を見て回るのですが、井上氏とスタッフの方々で話しあった結果、特に柵のような類のモノは一切設けなかったそうです。

結果、誰も落書きや指で擦って消す等の事は誰一人としてやらなかったようです。
素晴らしい事ですねぇ。

そしてファンからの熱い要望に応えて、その黒板の絵をポストカードとして井上雄彦氏のサイトで発売する事になりました。(実は1月の出来事)

自分が見た時は売り切れてました(´・ω・`)
試しにヤフオク見てみましたがアリエナイ値段でしたよ(;´д`)

が、最近再販され無事注文完了~。
少々お高い感はありますが、無駄な買い物だとは思っておりませぬ。


そして何と!!
5/9(月)の深夜26:28~27:23、関東ローカルではありますがフジテレビで
「SLAMDUNK1億冊感謝記念」ファイナルイベントの模様が放送されるそうですょ(゚∀゚)

2時半からか・・・次の日会社なのに(・ω・`;)

気になる方、イベントに行けなかった方は是非!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

天外Ⅲプレイリポート参

ヤバイ・・・ヤバイょ。



オラもぉ満足だよ(*´д`*)

今はお仲間4人の計5人パーチー。
段(他のゲームでいうレベル)が25段で4国目の長崎攻略中でごじゃります。

で、何が満足かって言うとマントーおもしろすぎでつ( ´∀`)


彼はお馬鹿さんなので、自分の城の看板も

        「俺様ラド」

と、「らそど」になっております( ´∀`)


長崎で町民にマントーの噂を聞い時

「変な猿が’三’の書き方を教えろって言うんで、一を3本並べるだけだ(ちょっとウロ覚え)」

って教えたらすぃ。
彼に実際に会って見ると・・・額には’って書いてありました( ´∀`)

凄い罠を仕掛けたって言うんで進んでみると廊下にポツンポツンとバナナの皮が・・・
試しに乗ってみると見事にスッ転びました。
するとすかさず登場し、彼は勝ち誇ったように「今時バナナの皮で転ぶヤツなんて~」と言っております( ´∀`)

ただし彼の「馬鹿(ウマシカ)」の術を侮ってはいけません。
発動すると、どっからともなく大量の馬と鹿が現れ、踏み荒らしていき大ダメージを貰うのです。
技の消費がデカすぎて、1回しか使えないのは今作も同様ですが( ´∀`)
威力だけは凄いのですよ・・・実際長崎で対峙した時は壱与たん死んだし(´・ω・`)

そんな愛すべきマントー、今回はどんな登場をするのかと思ったら、普通に出てきた(´・ω・`)ガッカリ

前作では自分のトレーニングシーンを映画CMのようなプロモーションビデオにして、それを見せて登場してきました( ´∀`)

でも実は今回・・・登場シーンが見所ではなかったのです!
彼の今回の見所は、戦闘シーン内だたーヽ(`Д´)ノ

戦闘が始まるといきなり「俺の話をよぉ~く聞け・・・BGMストップ」と勝手にBGM止めてきやがります。
そして延々と何やら話しています・・・つーか、なげぇw
全部話し終るまでフルボイスで5分位喋っていたでしょうか。

これ台本あるのかなぁ( ´ー`)
マントー役を演じている声優の千葉繁さんは・・・いっつもアドリブかましまくりなので、スタッフに

「千葉さん、てけとーによろ( ´∀`)」

と言われたんじゃなかろうかw
喋った内容さすがに覚えられないので、お伝えできないのが残念ではありますが(´・ω・`)

この喋ってる間、自由に攻撃できるのですが、最後まで聞かないと失礼なので手出し無用です。

で、自分の言いたい事を散々しゃべった後に「超馬鹿(チョウウマシカ)」の術を使ってくるのです。

つーか超って・・・全員死ぬんじゃねぇのか!?((( ;゚Д゚)))
と思ったが、体力だけは有り余ってる牛坊主が見事生き残りピンチ脱出(・ε・;)
馬と鹿が踏み荒らした後に蝶が飛んできて・・・蝶が体力回復してくれたっ!Σ(・∀・;)イミネェェ

結局は二人死んだけど、マントーの口上を聞けた事を考えれば必要経費です。
正直、これ見ただけでお腹いっぱいになりましたw

これを見る為だけに天外Ⅲの購入をお勧めしてもいいくらいでつヽ(`Д´)ノ


もう1回見たいけど、倒した後セーブしちゃったよorz

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ジョブ特性:散財

俺の・・・

十八番は・・・







無駄使い(=´∇`=)


常にお金は泡銭、貯めると言う事を知りません。
さぁ~て何買おうかヽ(`Д´)ノ

と言うのも先日会社から一時金が出たのデス。
不景気な事もあって、ここ何年もの間一時金なんてモノは出てませんでした。
しかし、前期は「減収増益」だそうで一時金支給と相成りました。
ありがたや、ありがたや。

元々、予定外のお金・・・無いモノと思ってここはブワァ~ッと・・・
と言ってもそんなに大金ではありませんが(・ω・`;)

■使い道候補
 1.某氏の煽りを受けてTV購入
 2.TUMIの鞄やらどこぞのスーツやら実用品に費やす
 3.バイク修理&車検(´・ω・`)
 4.頭金にして前から欲しかったクロムの皮パン購入
 5.原チャリが何気に欲すぃ・・・50ccOverのがイイネ

我ながら欲しいモノいっぱいあるな(;´∀`)

1のTVは・・・まぁぶっちゃけてしまうと今の見れるのでいらなかったりもする。
でも、臨時収入無いモノと思えば今買っとくのはいいかもしれない。

2は・・・最近立て続けにスーツが駄目になった。
チャリ通なのでお尻のところが擦れて破けたりする(;´Д`)
これは有意義に使える候補ダネ。

なにせ俺っちはビジネスマンですからっ!!ヽ(`Д´)ノ

3は・・・所有しているZX-9Rが久しく稼動していない状況(汗)
気候もよくなってきたので、これを機にという感じ。
てか、バイク乗りなら車検切らすなよという話もありますが・・・(・ω・`;)

4は・・・頭金というか手付金程度にしかならんか?( ノ∀`)
でも欲しいぃぃぃぃぃ、激烈に欲しい!
カナリ高い買い物なので、バイク新車で買ったほうがよくね?とかも思ったりする。
買ってもこれからの季節・・・履く機会が減っていくし候補としては下のほう(´・ω・`)

5は・・・実は原チャリは1台ある。
前にエンジンは生きてるが外装等ボロボロのモノを引き取って、カウルから何から交換し乗っていたが、突如動かなくなった。
まぁ原因は分かってるんだけど、結構致命的な原因。
直すの面倒で放置気味なので廃車→新車購入もいいかな と(;´-`)
50ccOverな理由は当然二段階右折したくないから。
まぁ用途はチャリ代わりだったりするケースが多いと思われるので、これも候補としては下のほう。

う~ん、迷うね(´・ω・`)

ちなみに貯金という選択肢はアリマセン。



こんなのもあるヨ!ってなのドシドシ募集(ォィ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

天外Ⅲプレイリポート弐

壱で書き忘れた気になる事。

・羽衣が無いので移動めんどい。
 羽衣とはドラクエでいうルーラみたいな術、国間の移動は前作では天人ってのがあった。
 で、羽衣が無いとの噂・・・風の護符(ドラクエ=キメラの翼)ってのはあるけど消費アイテムだとねぇ(;´Д`)
 これにより楽市楽座の依頼こなすのが億劫。
 楽市楽座では鑑定やらよろず屋やらあるんだけど、楽座掲示板ってのがあってそこで各地の依頼をこなせる。
 けど、その各地に移動するのが・・・といった感じなのです(´・ω・`)

・飾りシステムがあるのにソフトリセットが無いのは如何なものか。
 2chでも書かれてたけど、たしかにめんどい。
 まぁズルせず地道にやれって事ですかね(´・ω・`)

・全体的にテンポが悪い。
 んー、なんだろう・・・今のとこ序盤から行けるとこが案外あって俺が寄り道しすぎ=イベントが少ないってのに起因するのかなぁ(´・ω・`;)
 これに関してはもちっと様子見。

・戦闘はⅡに比べると、PS2版天外Ⅱ同様ヌルイ感じ。
 Ⅱは油断するとすぐ全滅喰らった、というかⅡの戦闘は読み込み無しでテンポが良すぎた。
 ボタン連打で殴ってたりすると、案外敵の攻撃痛くて死んでたり(・ω・`;)
 今のとこの感想だと、今回は術の依存度は低めかも。
 幻霧(敵の攻撃が当たり難くなる「霞み」にする)などは目に見えて効果が分かるので良いが技消費がでかい(´・ω・`)
 ちなみに幻霧は今のとこボスにも効果あり。

・町民のセリフが・・・平凡すぎる。
 Ⅱは監督・脚本の枡田省治氏、演出の岩崎啓眞氏の影響力も大きかったのだろうけど、町民の「毒づき」が天外Ⅱを個性的なものにしてた気がする。
 それがボスとかは感じられるんだけど・・・他は平凡になっちゃったのが残念。
 万人受けするように無難な路線にしたのかなぁ(´・ω・`)

なんか悪い事しか書いてないな(;´∀`)
良いところも書いてみよう。

・店の名前が全部違う
 買い物する時に左下に店の名前が出るんだけど、ぜ~んぶ違う。
 奇抜なのはあんまり無いけど、頑張って名前つけたな~って印象。
 「で、それが?」と言われると、それまでだが(;;´∀`)

・アイテム全て固有のグラフィック
 と言っても、フィールド&戦闘のキャラのグラフィックに反映される訳じゃないんだけど。
 店や手持ちのアイテムを詳細画面見て確認すると、ちゃんとグラフィックが出る。
 ぜ~んぶ、固有の説明文が書いてあってこれも頑張ったな~って印象。

システム的にはあまりいいとこ無さげだけど、開発スタッフの拘りが感じられますヽ( ´-`)ノ

で、現在の進行状況は・・・
今は1匹目のボス倒して3国目の砂河(さが)に渡ったところ。
今日、お休み貰ったというのにあんまり進んでないね(;´-`)
現在お仲間は2人の3人パーチー。

仲間が増える前に「くぼて山」というところに登ったのだが、そこで大変な目に遭ったよ(´ヘ`;)
ポヨポヨという一見可愛らしい(のか?)敵に遭遇。
いっぱいいたので

「わぁー団体さんのお出ましだぁ(ルパン風)」

と思いつつも、雑魚だと思い戦闘開始。

しかし、きゃつらは仲間を呼ぶとです・・・
3体撃破→3体呼んだ→2体撃破→7体呼んだ・・・
って、ォィ!ΣΣ(゚д゚lll)

全然減らんとです・・・むしろ増えてるょ?ヽ(;´Д`)ノ
しかも1匹の攻撃で10とかダメージ貰う。(他の雑魚で1~5とか)
複数いっぺんに攻撃で50とか簡単に減る(;´Д`)

で、だんだん技がジリ貧になってきたので、結局「振り切る」で逃げて数を減らしてから

「ハハハ、ヴァカめ!罠にかかったな!ヽ(`Д´;)ノウワァン」

と撃破で難を逃れますた(・ω・`;)
「くぼて山」には・・・というか、ポヨポヨには注意です(;´∀`)

ボス1匹目倒したとこから、ちょっと盛り上がってきたかな?ってとこ。
今後の展開に期待ヽ(゚∀゚)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天外Ⅲプレイリポート壱

会社から帰ってきて早速やってみました。
まずはイベントとかより、地味にシステム周りからいってみようかヽ( ´-`)ノ

◆戦闘
  ちょっとだけアクション性(といっても十字キーを入れながら決定とか程度)があって、飽きない感じ。
  RPGの大半をしめる戦闘なので「ボタンだけでいいのに・・・めんどいヽ(`Д´)ノ」って言う人もいるでしょうが、自分的には良。
  ただボタン押してるだけだと眠くなるしネ(´・ω・`)
  攻撃も武器に属性(物理、火、水とか)があり、攻撃回数なんかもあったりする。
  攻撃回数が多いけど攻撃力の弱い武器や、攻撃回数の少なく一撃の重い武器等々。
  で、基本は素早いヤツからターン(以下、手番)が回ってくるんだけど、自分の手番になると武器の攻撃回数分色々出来る。
  それでもって、技能やら奥義(共に使うには闘気が必要)なんてのもあって、攻撃回数分内で闘気があれば何回でも技能を出せる。
  この闘気、戦闘が終わっても、村等に入ってエリアが変わっても引き継がれる。
  んで、ちょっと変わってて敵が集団で出てくると・・・

  ①②③④⑤

  みたいな感じで出てきた時に、③に対して攻撃指定すると攻撃範囲が出て、敵の前に行った時に○ボタンで攻撃(技能なら↑○等、十字キーに割り当てておいて使用)する訳だが、×を押すと一度身を引く。
  ③を倒していて且つ身を引いていると・・・

  ①②④⑤

  と、敵が真ん中に集まる。
  まだ自分の手番なので、更に攻撃やら技能を使って攻撃回数分行動できる。
  ただし、術などは手番1回消費なのでこーゆー事はできない(´・ω・`)
  身を引かないと位置は変わらないので、上手い具合に×を使って「集めて斬る」のが常套手段。
  攻撃回数分なら色々できるので・・・

  ためる(直後の攻撃の威力大)→攻撃→×で身を引く→閃光斬り(通常の1.2倍の威力の攻撃)

  まわしげり(通常の威力の攻撃+崩し)→×で身を引く→構える(直後の攻撃範囲拡大)→閃光斬り
  ※崩し=攻撃1回分相手の防御&回避DOWN

  等、色々と出来る。
  奥義ってのは闘気メーター全消費で出せる必殺技で、仲間と奥義で連鎖とかも出来る模様。
  現時点ではまだ一人ぼっちなので、試せてませんが(´・ω・`)

  まぁこんな感じで、なかなか戦闘おもしろいです。

◆装備
  前作では武器・頭・胴・足と4カ所だったのが今回は武器と胴だけ。
  ただし、今作では「飾り」というものがあって、飾りという装備カ所が1~3まであるので装備カ所は全5カ所。
  「飾り」ってのは様々な効果を得る事のできる装備品で、細工屋ってとこで作れる。
  「飾り」のレシピは結構ありそうで、素材1×素材2×水(細工屋で売ってる)で1個の飾りが作れる。
  素材は売っている武器・防具を細工屋で分解してもらって得たり、宝箱から入手したり、敵が落としたりと入手方法は様々。
  まぁドラクエ8で言うところの「錬金釜」みたいなもんかな。
  このシステムにより・・・ドラクエ8と一緒でモノが売れなくなりました(;´-`)
  
◆読み込み
  ちょっと多い気もするょヽ(・ω・`;)ノ
  町の中で民家等に入っても出入りで読み込み入るし、フィールドでの戦闘開始では読み込まないけど、終わると結局読み込む・・・
  右下に「読み込み中」って出るので、気になってるだけかもしれんが(・ω・;)

◆エンカウント
  フィールドでのエンカウント(敵との遭遇)は、多くもなく少なくも無くほどよい感じ。
  道を歩くと遭遇しにくいようになってるんで、戦闘避けたい場合は道の上を歩けばOK。

◆その他色々
 ・町とか結構でかいので、町探索に結構時間かかる鴨(´・ω・`)
 ・親切?なセーブポイント
  ダンジョンに印があり、その上に乗ると体(HP)・技(MP)が全回復できて、なおかつ記録(セーブ)も出来る。
  前作はレベルが上がると体・技全回復したので、それを見越して経験値調整しつつボス戦へ赴くって事ができた。
  足りない場合はボス直前で雑魚倒しまくってウロウロしたりね(;´∀`)
  ただ逆に言うと、技が心許ない時にレベル上がっても心許ないままなので・・・印の位置を確認しつつ行動しないと駄目そ。
 ・PAUSE機能搭載
  RPGならいらないと思うかもしれないが、何かしてる間もPAUSE無しでプレイしてると、プレイ時間がスゴイ事になるのでイイネ。
  ゲーム中にこうやってブログ書いたりする時も安心サヽ( ´-`)ノ

他にも書きたい事あった気するけど、長々書いてたら忘れましたょ( ノ∀`)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

宝箱キタワー

と言っても、FFのコッファーの話題じゃありません(・ε・)

天外Ⅲの限定デラックスパック「宝箱」です。
アニメ「天外魔境~自来也おぼろ変~」DVDと、開運厄除け絵馬が欲しかったのねん(*´д`*)
※厄除け絵馬に書いてあるのはマントー様の馬鹿(ウマシカ)

PS.comで限定数いくつ用意されてたか分からないけど、プレ予約開始メール受信した時に1日確認するのが遅れたら予約終了してますた(´・ω・`)
それ位の代物で自分はREDエンターテイメントの「RED-STORE」で何とか無事予約できたのです。

まぁ皆さん限定モノには弱いようですな・・・転売目的もいるんだろうけど( ´д`)

今回は購入特典でポスターやらドラマCDやらキーホルダーやら色々付いてて、お得度★★★★★って感じです。

昨日までは「発売まで○日○時間」とカウントダウンしてた公式サイトも14日になったらすぐにTOPが変わってました。

サイト内も更新されており、技能・奥義・巻物リストがUPされてたりして、Ⅲにかける意気込みが伝わってきますなぁ。

Ⅲが売れたら、初代天外やらカブキ伝やらPS2でリメイクされないかなぁ~ヽ(´ー`)ノ

さぁ今夜から天外Ⅲモードですよヽ(`Д´)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UMD

PSPで有名となったUMD。
他と違う事をしたがるソニーが選んだ光ディスクです。

今のところPSPのゲームカートリッジとしてしか使われてない訳だけど、今後ATRAC3Plus形式の音楽を記録できる「UMD Audio」や、MPEG-4形式の動画を記録する「UMD Video」なんかも用意されてるらしい。

んで、UMD Videoとして「スパイダーマン2」、「バイオハザード」、「バイオハザードⅡアポカリプス」等が本日発売となりました。
「スパイダーマン2」はDVD借りてきて見てはいたけど、どんなもんかとPS.comで予約しておいたのが本日到着、早速ちょこっと見てみましたヽ( ´-`)ノ

めちゃめちゃ綺麗だわー(゚∀゚)
画面がちっちゃいので、激しい動きのあるシーンだとちょっと見づらいけど携帯ゲーム機と思えないほど鮮明な画像。
PSPのスピーカーは映画見るには流石に駄目駄目だけど、ヘッドホンすれば音も聞けるレベルになる。

コレ・・・PSP普及して、UMDの媒体自体安くなって、更にレンタルショップで気軽に借りられる位メジャーになったら、イイカモネ。

映画をわざわざPSPで見る必要ねぇ( ´д`)
って人も多いだろうけど、出張先や通勤時間の電車の中で映画見れちゃうのがいい鴨。
まぁ自分はチャリ通なので、通勤途中には見ませんが(´・ω・`)

ただ・・・今触ってみた感じだとDVDみたいにチャプター再生は出来ないぽい(メニューで字幕/吹き替えの切替は可能)ので、そこがネックかなぁ。

あとは電池の消費がどんなもんかかな・・・

今後どうなるかはソニーの戦略次第かのぉ(´・ω・`)
メモリースティックはソニー製品では今や当たり前のように使ってて、メモステ標準で使えないPCでもリーダー買えば何とかなるし、メモステもだいぶ一般的になってきた。
さてUMDはどうなるのか・・・( ´-`)

ソニーさん・・・頑張ってUMDを普及させてくらはい。
それまでUMD飛ばして待ってるヨ!


               ◎
  ∧,,∧    ◎
 (. ・ω・)   //     ミンナデトバセUMD
 /ヽ_ァ( PSP ) 三◎
 しー-J              ...◎

            ◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さてさて天外Ⅲは・・・

これを半分位書いてる最中にマウスの戻るボタン押して書いてる内容消えた(;´д`)

で、何書いてたか覚えてないんだけど・・・

今回の天外Ⅲは九州(つくす)地方を舞台に物語は進みます。
主人公はナミダという謎に包まれた青年で、火の一族かどうかは不明です。
ヒロインは壱与という少女でこちらは火の一族。

で、話の内容は発表されてる程度にしか分からないのでここは割愛して、スポットライトを登場人物を演じる声優陣に当ててみやう。

 ナミダ役(櫻井孝宏)
 壱与役(日高のり子)※高の字これじゃないけど、出ねぇヽ(`Д´;)ノ
 ツグミ役(横山智佐)
 牛坊主役(西村知道)
 ミヤ役(柊瑠美)
 為朝役(置鮎 龍太郎)
 イチモツ役(龍田直樹)
 ニギ役(池田秀一)
 タオジリオス役(玄田 哲章)

といった感じですが、声優ヲタじゃありませんよ(・ω・;)
まぁこんな書かれてもサッパリだと思うので、分かりやすく代表作とかを。

ナミダ役の櫻井孝宏さん・・・デジモンのテントモン・・・
俺が分からねぇorz
デジモンはおもしろくて一時期見てたりしたけど、テントモン・・・地味な印象しかありません(;´Д`)

壱与役の日高のり子さん・・・有名なのはタッチの朝倉南役ですな。
広井王子氏繋がりだとサクラ大戦4のエリカ・フォンティーヌ役。
大御所なんだけど、自分的には日高さんの声というか感情表現はあまり好きじゃなかったりします。
舞台とかにはとっても向いてる気がするんだけど、アニメとかだと上手く伝わってこない感じがするのよね。
まぁ素人の意見なので「ざけんなヽ(`Д´)ノ」とか言われてもスルーします(;´∀`)

ツグミ役の横山智佐さん・・・これも広井王子氏繋がりならサクラ大戦の真宮寺さくら。
他には起動戦艦ナデシコのリョ―コ・スバル役らしいですがナデシコ見た事ない(;´-`)
牛坊主役の西村知道さん・・・スラムダンクの安西先生。
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
「諦めたらそこで試合終了だよ」は名言ですなぁ。

ミヤ役の柊瑠美さん・・・千と千尋の神隠しの千と千尋役。
実は天外復活祭ってイベントにゲストで参加した時、広井王子氏に大抜擢されてミヤ役を演じる事になりました。

為朝役の置鮎龍太郎さん・・・スラムダンクの三井寿。
マタマタキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
「安西先生・・・バスケがしたいです」も名言デス。
スラムダンクでは諦めの悪い男炎のシューター三井寿という役柄でしたが、今回は爽やか系の役所なので楽しみです。

イチモツ役の龍田直樹さん・・・ドラゴンボールのウーロン、キテレツ大百科のブタゴリラ。
らっしゃいヽ(`Д´)ノ

ニギ役役の池田秀一さん・・・ガンダムのシャア・アズナブル。
キタキタキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
「坊やだからさ」・・・何度聞いてもいいね(*´д`*)
このニギも心に残る名言を残してくれる事に期待デス。

タオジリオス役の玄田哲章さん・・・アラレちゃんのスッパマン、幽☆遊☆白☆書の戸愚呂・弟。
キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
戸愚呂・弟と言えば、FF活動中のラグ鯖では同名のPCがおりました。
細かな内容は割愛しますが、彼はどこにいったのでしょうか(´・ω・`)

と、こんな感じの声優陣なのです。
代表作並べてみたらちょっとは想像できましたかねぇ?(・ω・`)

声優陣はこんな感じで超豪華。
そして音楽担当も豪華!加藤和彦氏です!
サディスティック・ミカ・バンドを結成し、70年代のGSブームを牽引した人です。
今回の音楽はちょこっと聴いて見たけど、かなり良い感じ。
オリエンタルな雰囲気が出ていて、ゲームっぽく無い。
表現ベタですいませんヽ(;´Д`)ノ

主題歌はサラ・ブライトマン・・・有名な人みたいですが、よく知りませんでしたorz

まぁとにかく豪華なんですわヽ(;´-`)ノ

次回の天外ネタはおそらく発売後のプレイ日記。
その前に時間あったら、サブイベント系について書いてみようと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お復習いしてみやう

天外3発売まであと2日!!
と自分的にはかなり盛り上がってきたので、前作をちょっとお復習いしてみやうヽ( ´-`)ノ
たぶん隅から隅まで書くとかな~り長くなるので端折りつつ(´・ω・`;)

○天外魔境 ZIRIA
 板東地方を舞台として、筑波の山奥に住む少年ジライアがマサカドの復活を目論む大門教(デーモン教)を倒すべく旅に出る・・・ってな話。
 今思い返すと、すっごいベタですっごいネーミングだね(;´∀`)
 これが良くも悪くも広井王子氏らしいのですが・・・(2もこんな感じ)
 マサカドってのはその昔、自らの理想郷の為に破壊の限りを尽くしたヤツ。
 だが、火の一族と呼ばれる民に封印される訳です。
 天外全編で出てくる主人公(3は違うぽい!?)もしくは主人公と一緒に旅をする人達は、全て火の一族で、火の一族対敵ってのが全編で共通な設定かな。
 旅をしながら仲間を集めつつ・・・っていうRPGの王道路線まっしぐらです。
 途中、大蛇丸、綱手と仲間に加わり最終的には大門教とマサカドを倒すのです。
 天外を語る上で忘れてはいけないのが「マントー(声優:千葉繁)」という猿。
 とにかく天外と名の付くゲームには必ず出てくる皆勤賞モノの敵キャラです。
 こいつがかなり馬鹿・・・でも憎めない( ´-`)
 ちなみにこいつの使う術が「馬鹿の術」。(バカと読んではいけません、ウマシカです)
 まぁ、こいつがいないと天外は成り立たないって位重要なキャラです。
 そういや、取説読んでて思い出したけど・・・1の音楽は坂本龍一でした。今考えるとスゲー!
 
○天外魔境Ⅱ 卍MARU
 Ⅱの舞台は大和地方、火多(ヒダ)のガキ大将卍丸が祭を見に行くところから話はスタート。
 そこで巨大な花(暗黒ラン)が咲き、根の一族の存在を知り、そして自分が火の一族の末裔だと知って戦い身を投じていくって感じのお話。
 Ⅱからはマップもかなりデカくなり、各地に咲いた暗黒ラン(全部で7本)を切る為に、根の一族の刺客を倒して聖剣を入手するってのが主な流れ。
 今回仲間になるのは、カブキ団十郎、極楽太郎、絹の3人で、いずれも火の一族。
 当然、Ⅱでもマントーは出てきます・・・「マントー2」となって!!
 馬鹿さもパワーアップしての登場でつ。
 前のブログでも書きましたが、Ⅱは普通にプレイすると80時間位かかります。
 Ⅲも公式の高橋名人のプレイレポートを読んだら80時間位って書いてあったので、今回もボリュームはかなりのモノみたいですな。
 今時のゲームで80時間ってザラな感じがするけど、昔はここまで長いのは無かった。
 当然削ったイベント等もあるようで、全部収めたらどれ位プレイ時間かかったのか・・・
 実際に数字にすると長く感じるけど、Ⅱはその長さを感じさせない作りでした。
 次々とイベントが発生して、レベル上げ自体もそこまで必死にやる必要は無かった気がします。
 で、Ⅱがおもしろい(難しくもある)のは、巻物の持ち替えが可能&敵が強い。
 昔のドラクエのように「肉弾戦だけでも何とかなる」って訳では無いのです。
 巻物が持ち替え可能なので「ボスまでコイツに回復させて、ボス前に持ち替え」とか出来るので、ちっとは頭使わないと駄目な感じ。
 まぁ自分は基本ボスまでの道中はカブキに「(本人は不本意なはずの)地味な回復」をさせてました(;´ー`)
 とにかく色んな面で自分の中では一番好きなRPGです。
 と長くなりそうなので、無理矢理まとめてみました(´・ω・`)

 次は天外Ⅲネタに続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっとでたでたヤットデタ

とても歳がバレるタイトルですが、ココは華麗にスルーな方向で(;´∀`)
あれから13年・・・長かったヨ。
あと4日程でヤットデルのですよアレがっヽ(`Д´)ノ

出るのはコレ

初めてやったのは2、1992年に発売されました。
「何かおもしろそうなの出るな~」って事で1を購入、発売に合わせて終わらせて2に突入しました。
ハードはPC-Engine Super CD-ROM2。

やってみるとコレがおもしろい(゚∀゚)
しゃべりまくるは、ムービー多いはでかなりハマりましたよ。
出てくるキャラ達も個性的。
ファンタジーモノとは一味違う、ありそうでアリエナイ世界。
スタッフにも音楽で久石譲を使ったりもしてました。

そして当時のゲームにしてはスゲー時間のかかるゲームだった・・・普通にやると80時間位。

いっつもRPG系は1回クリアするとお腹いっぱいになって2回目なんてやらないんだけど、これは2回クリアしました。

PS2版も購入してやったけど、まだクリアしてないや(´・ω・`)
3が出る前に終わらせようと思ったけど・・・もぉ無理ぽいorz

2が発売されてしばらくしてから3の制作発表。
PC-Engineで出ると言ってたのが、PC-FX・・・またハード買わせるのかよ(;´Д`)
と思っていたら、結局開発が凍結気味に・・・

そして、企画監修の広井王子氏は・・・セガサターンで出したサクラ大戦に力を注ぎ出す。
「ギャルゲーはいいから3早く出せよヽ(`Д´)ノ」
と言いながらも、結局4までやりましたが(;´∀`)

天外魔境は3部作で1で板東地方、2で大和地方、3で九州(つくす)地方と予定されていました。
やっぱり完結しないと気持ち悪い訳で・・・でも3発売は諦めていました。
サクラが大ヒット、そして今のご時世にはシステム的に時代遅れな感もあり、2でシナリオ等を担当した人とも縁が切れたっぽいし・・・と。

しかぁ~し、諦めていたその3が・・・やっと4/14に出るとです(*´д`*)

何やら今風な作りになっているようで、本編以外の遊び要素もテンコ盛りのようですが、きっとそこには紛れもなく「これこそ天外!」と言える世界が待っているだろう・・・と今から期待しています。

好き嫌いが分かれるゲームかもしないので、万人にお勧めできる訳じゃないですが、2&3やってみようって言う人はいませんか?ヽ(`Д´)ノ

ちなみに1は「マスターがどこにも残ってない」らしく、現行ハードへの移植は無理そうです(´・ω・`)

2とか3やっておもしろいと思ったら、番外編のカブキ伝とかもお勧めであります。
第4の黙示録とかもお勧めです・・・ZEROはペットがすぐ死ぬのでお勧めしません(微謎)

2でも出てきて、カブキ伝では主役を張っているカブキ団十郎のせいで・・・自分は山口勝平(今はワンピのウソップの声やってる)という声優さんが好きになりました(*´д`*)

全くこれとは関係ない話ですが・・・サクラ大戦の米田中将の声をやってる人は会社の先輩の叔父さんで、結婚式でのスピーチ聞いた時は「おぉ、まさしく米田支配人だ」と感動しました( ´-`)

と話がどんどん本筋から離れていってますが、4/14からはバリ天外モード突入!
今回は何時間かかるのかすら・・・

あっ、そうそう。
天外公式サイト見ると、久しぶりに高橋名人が見れますよヽ( ´-`)ノ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »